手で遊ぼう! シマウマ絵日記

simaumauma.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 20日

思わぬ効果

以前、友人の誕生日カードを作った。結構気にいったのであげるのがおしくなった。そこで、コピーをすることにした。はがきサイズのものをそのままコピーすると、バックが黒っぽいムラムラになって汚い。ちょうど鞄にクロッキー帳があったので、それをカードにあててコピーをした。出てきたコピーをみて、ちょっと嬉しくなった。自分の思いもよらないところで、クロッキー帳の色と文字が効果となり、いい感じになっていた。本来なら、切って捨てられてしまう部分も見方を変えれば作品の一部になりえる。完成させたいと思う形を目指すのも大切だけど、制作の工程で現れてくる形が目標点を上回ることもありえると思えた体験だつた。
昨日の銅版画制作時の話。銅板をカットして捨てようと思った時、ごみとなる場所を組み合わせてみたら自分のイメージを超えたものが現れてきた。うまく作品が完成したときよりも、昨日のような偶然が重なりイメージが現れる瞬間がとても心地よい。
c0136954_2330016.jpg

[PR]

by simasimauma | 2008-05-20 23:38 | イラスト
2008年 05月 11日

試作

個展タイトル決定。「旅する窓」。日々の何気ない一コマにも、初めて行く場所に持つような期待感や高揚感があるはずという思いから決めました。毎日が同じことの繰り返しだと思い込むのではなくて、自分の気持ち次第でどきどきするものとなる。こうなったら、どんなに幸せか!
冒険家・石川直樹さんの著書「いま生きているという冒険」に強く共感しました。特別な場所、エベレストや南極のような誰でもが行くことの出来ない場所だけが冒険ではなくて、身近なところにも冒険するような気持ちが存在している。こんな気持ちを持って、周りを見回してみると、今までと異なったものに見えるはず。
作品のほうは、紙を切り張りしてどのような形が面白いか検討中。色も増やそうかと考えていたけども、複雑にし始めるときりがないきがする。今回は複雑さで見せるのではなくて、単純に仕上げたい。見た人が「これなら自分でもできる」と思ってくれるようなものを作ろう。
c0136954_16263795.jpg

[PR]

by simasimauma | 2008-05-11 16:32 | 個展・グループ展・展示
2008年 05月 05日

こいのぼり

今日はこどもの日。大人になってしまった今となっては、仕事が休みになるありがたい日としてしか存在しなかった。しかし、今年は公園で見かけるこいのぼりの大群または家族に即発されて、こいのぼりを作ることにしました。3日の朝、近所の文房具店に紙を買いに行くと、入り口に連休を知らせる張り紙が。ショック!せっかくのやる気がそがれて、とぼとぼと家へ。「あーどうしょうかな」と考えているとナイス・アイデアが浮かびました。ストックしてある紙袋を裏返して使えばいいと。押入れをあさり、手ごろな大きさの紙袋を3点選び制作開始。はさみでちょきちょき切て、裏返した紙袋の端をホッチギスで固定。色紙をうろこの形や細長い長方形に切って、ノリでペタペタ貼って完成。上から2番目と3番目は子供の作品。来年はもっと大きなものを作ろう。
c0136954_2105558.jpg

[PR]

by simasimauma | 2008-05-05 21:01 | 写真