手で遊ぼう! シマウマ絵日記

simaumauma.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:写真( 8 )


2008年 09月 01日

小麦ねんど

プレイ・ドーという小麦ねんどを買ってみました。聞きなれない名前のねんどで、僕の知っているねんどと言えば、油ねんど、水ねんど、紙ねんどなどなど。この小麦ねんどは初耳でした。どんなものかといえば、その名の通り小麦が原料となりこどもが口に入れてもまあ安全ですよといったものです。とは言え、食べたりは出来ないらしい。

幼稚園のころねんど遊びが好きで幼稚園の時間では物足りなくて、親に頼んで自宅用ねんどを買ってもらい家でもいろいろ作っていたのを思い出しました。
c0136954_6381097.jpg

[PR]

by simasimauma | 2008-09-01 06:39 | 写真
2008年 07月 29日

丸い模様

陶芸でまたまた植木鉢を制作。

いまは素焼きの状態。これからの本焼きの向けて、べんがら(下絵用の絵の具の色のことです)で模様を描きました。これまでにも丸をモチーフにして随分作りましたが、丸はいくら描いても飽きないと思いました。とても単純な形なのに、丸どうしの間隔を変えたり、大きさのバランスを変えたりするだけで、異なった表情を見せます。

「これ以上、出来ません」と思うまで丸だけの模様の作品をつくってみようと思いました
c0136954_22234460.jpg

[PR]

by simasimauma | 2008-07-29 22:24 | 写真
2008年 06月 17日

ダイヤブロック

実家から、子供の時に遊んでいたダイヤブロックが送られてきた。量はもうかなり減っていて、小さな箱一杯程度しかなかった。小さい頃は本当にブロック遊びが好きで、集中してロボットのようなものを作っている写真があったりする。レゴの存在を知るのは、ずーっと後のことで僕にはブロックと言えばダイヤブロックだった。懐かしい気持ちになって、おもちゃ屋に行くと、今でもダイヤブロックあるんですね。レゴに比べて、CMや広告で見ることがないのでもうないのかなと思っていただけにすごくうれしかった。「まだ、あったんだ。ありがとう。」みたいな。詳しいことは分からないけど、レゴとダイヤブロックのシェア比率って一体どれくらいなんだろう?圧倒的にレゴだよな。9対1ぐらい?
久ぶりにダイヤブロックを見てみると、しっかり進化していて、魅力的な商品になってた。パッケージは、ダイヤブロックの方が好きなんだけどな。それと、半透明のパーツがすごくいいと思う。レゴにはないよ。
c0136954_23105123.jpg


昨年、レゴで作る世界遺産展をみた。言葉通り、各地の世界遺産をレゴで作っていて、すごい迫力だった。でも僕は、あるものを再現するために、どんどん細かいパーツを必要とするよりも、少ない種類のパーツで完全には再現できないけども、そのものに近づけようと試行錯誤している作品の方が面白いと思った
[PR]

by simasimauma | 2008-06-17 23:19 | 写真
2008年 06月 08日

押忍!手芸部 お部活

三軒茶屋の世田谷文化生活情報センターで行われた「押忍!手芸部 お部活」に参加した。NHKの番組「おしゃれ工房」で、「手芸部」の活動風景を見て、男性だけで行っている手芸に強く興味を持っていた。それ以来、何か自分も参加できるものはないかなと、注意していたら、意外に早くそのチャンスが来た。ラッキー!

「押忍!手芸部」とは7人の男性を中心に自由な発想で手芸にとりくんでいで、本日のようなワークショップを「お部活」と呼んでいるらしい。指導していただいた石澤彰一さんも先生ではなく、「部長」と皆さんに呼ばれていた。とても気さくな方だった。c0136954_2221099.jpg

本日のお部活では靴下を切ったり、針でちくちく縫って携帯入れを作った。実際やるまでは、出来るのかなのかなと多少の不安もあったけど、やり始めるとちくちくに集中して時間の経つのを忘れて熱中した。最後に参加した皆さんの作品をテーブルに並べると、思い思いの色や素材(毛糸やボタンなど)で形作られていてとても楽しい雰囲気が伝わってきた。手芸は女性のもの(偏見ですが)と勝手に思い込んでいた自分に反省です。またまた是非「お部活」に参加したいな。
「押忍! 手芸部 ビフォー&アフター」展が三軒茶屋駅前のキャロットタワー3階・生活工房ギャラリーで今月の22日(土)まで行われているよ。
[PR]

by simasimauma | 2008-06-08 22:05 | 写真
2008年 05月 05日

こいのぼり

今日はこどもの日。大人になってしまった今となっては、仕事が休みになるありがたい日としてしか存在しなかった。しかし、今年は公園で見かけるこいのぼりの大群または家族に即発されて、こいのぼりを作ることにしました。3日の朝、近所の文房具店に紙を買いに行くと、入り口に連休を知らせる張り紙が。ショック!せっかくのやる気がそがれて、とぼとぼと家へ。「あーどうしょうかな」と考えているとナイス・アイデアが浮かびました。ストックしてある紙袋を裏返して使えばいいと。押入れをあさり、手ごろな大きさの紙袋を3点選び制作開始。はさみでちょきちょき切て、裏返した紙袋の端をホッチギスで固定。色紙をうろこの形や細長い長方形に切って、ノリでペタペタ貼って完成。上から2番目と3番目は子供の作品。来年はもっと大きなものを作ろう。
c0136954_2105558.jpg

[PR]

by simasimauma | 2008-05-05 21:01 | 写真
2008年 04月 15日

サボテンと鉢

c0136954_10321232.jpg
手びねりで植物用の鉢を大量に制作。市販のものに気にいるものが少ないから、ならば自分で作ってみようと思い立ち。初めは、鉢の厚みが分厚くて重かったけど、だんだん慣れてくると厚みも一定で薄く出来るようになるものです。小さかったサイズも作り続けるうちに巨大化してきて、かさ立てとしても使用できそうなものまでできました。あまりにも大きいものは釉薬をかけるのが大変。流しがけで仕上げたけど、焼きあがったものはムラがすごくて・・・・・・・・。味ということで一応納得。ちょうどサボテンを頂いたので植えました。サボテン→砂漠→悪い人。このようなイメージの展開でプレイモービルの囚人をレイアウトしてみました。ドイツのおもちゃ、プレイモービルはレゴに似ているけど、丸みのあるフォルムがすごくいい感じです。最後に友人の高橋あきこさんが自由が丘のインテリアショップ「私の部屋」で個展を開催中。やさしい質感の作品です。
[PR]

by simasimauma | 2008-04-15 10:33 | 写真
2008年 03月 16日

フェルト人形

昨年の朝日新聞に男性が作るフェルト人形の記事が掲載されていた。羊毛を先の部分がギザギザした特別の針でつつくことでフェルト化し、動物などを作るという記事だった。興味を持ちながらも日々の雑用でぐずぐずしているうちに時間はあっという間に過ぎてしまい、早くも2008年になっていた。東急ハンズに用があり、手芸コーナーをのぞいてみるとありました。フェルト人形を作るための針と本が。という訳で早速購入し、作ってみました。作品第一号と二号です。一号はサル。二号は世界の偉人です。友人の着用していたピン・バッジから影響を受けました。次はピン・バツジを作ってみたいな。難しいのかな?
c0136954_22335672.jpg

[PR]

by simasimauma | 2008-03-16 22:35 | 写真
2008年 02月 10日

消しゴムはんこ

c0136954_16145512.jpg東急ハンズに買い物にいったら、消しゴムはんこの本があった。消しゴムを使った作家といえば、故ナンシー関さんを思い出す。ナンシーさんの毒のある表現を消しゴムというお手軽な素材であらわすことで、何だか毒が薄められていたような。ナンシーさんの存在があまりにも強烈であったため、消しゴムを使うことは頭の片隅にもなかった。そんなことを考えながら、本を開いてみると、Tシャツにプリントしたり陶器い印刷したりと、消しゴムはんこの新しい一面が見えた。これは面白そーと早速、本と消しゴムを購入。第一作完成。ちょっとUFOに見えるけど、どくろです。
[PR]

by simasimauma | 2008-02-10 16:15 | 写真