手で遊ぼう! シマウマ絵日記

simaumauma.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イラスト( 8 )


2016年 05月 08日

装画やりました

家族をテーマにした単行本の装画。原画とはネガポジ逆転してます。面の部分が減ったので、原画より軽やかです。気にいってます。
c0136954_21495101.jpeg

[PR]

by simasimauma | 2016-05-08 21:51 | イラスト
2011年 05月 22日

チラシ制作

c0136954_781142.jpg
玉川ボランティアビューローで行われている「遊ぼう会」というイベントがあります。障がいを持つこども達といろいろなイベントを楽しむという活動です。その活動を一緒に盛り上げてくれる大学生を募集するチラシのイラストを描きました。大学や世田谷区の掲示板に掲示される予定です。たくさんの大学生がこの活動を理解して参加してくれたらうれしいです。
[PR]

by simasimauma | 2011-05-22 07:08 | イラスト
2010年 03月 23日

いろいろな顔を描きました。人間の顔は一人として同じものはないのに、絵で描くとどうしも似てきます。どんなにがんばっても、10パターンぐらいに分類できそうな感じです。目の位置をずらしたり、鼻の形に注意してみても、やっぱり似た表情しかえがけないような気がします。自分の気持ちのように、いつも異なった表情が描けたら最高なのですが・・・・・・・。
c0136954_22275913.jpg

難しい。
[PR]

by simasimauma | 2010-03-23 22:30 | イラスト
2009年 03月 08日

絵の意味

c0136954_212526.jpg昨年は体調が優れず、つらい日々が続きました。もともと基礎体力がないので、小さなことでもすぐに影響するようです。そんな昨年の反省から、今年は体力アップを目標にしてみました。ウエイトトレーニングと水泳。今のところ順調に進んでいます。

ウエイトトレーニングをやるとき、どのようなトレーニングをどれくらいの重さで何回行うかを示したメニューを考えます。普通は紙にただ目標とする数字を描くわけですが、僕はイラスト付のメニュー表をつくりました。味気ないトレーニングもちょっとしたことで、少しは楽しめる気がします。

絵などの自己表現はまだ誰も見たことのない世界を切り開くという一面もあります。その一方でただの文字情報を羅列しただけのものにちょっとした絵があるでけで、見る人の気持ちをよくする。そのような一面もあると最近感じています。これはプロのイラストレーターの仕事のことを意味しているのではありません。僕たちの日常で行うことができること。仕事場での連絡事項、夫婦のあいだのメモ、町内会の連絡などなど。ワープロシフトでみんなが一様な文章を作る現在だからこそ、そこに少しだけでも手書きのイラストが描かれることで、他者とのコミュニケーションを和やかで円滑なものにしてくれるはずだと強く思っています。

職場のちょっとした連絡事項などにイラストを描く人がいます。最初は、職場でイラスト入りの連絡表を見たことがなかったので驚きました。でも良く考えてみると、美術の勉強をした人達だけが一生絵やイラストを描くのではなくて、上手くなくても絵や表現が身近にある人は素敵だなと思いました。すべての人が文字を描けるように、イラストが描ける世界はとても面白いのではないでしょうか。
[PR]

by simasimauma | 2009-03-08 21:01 | イラスト
2008年 05月 20日

思わぬ効果

以前、友人の誕生日カードを作った。結構気にいったのであげるのがおしくなった。そこで、コピーをすることにした。はがきサイズのものをそのままコピーすると、バックが黒っぽいムラムラになって汚い。ちょうど鞄にクロッキー帳があったので、それをカードにあててコピーをした。出てきたコピーをみて、ちょっと嬉しくなった。自分の思いもよらないところで、クロッキー帳の色と文字が効果となり、いい感じになっていた。本来なら、切って捨てられてしまう部分も見方を変えれば作品の一部になりえる。完成させたいと思う形を目指すのも大切だけど、制作の工程で現れてくる形が目標点を上回ることもありえると思えた体験だつた。
昨日の銅版画制作時の話。銅板をカットして捨てようと思った時、ごみとなる場所を組み合わせてみたら自分のイメージを超えたものが現れてきた。うまく作品が完成したときよりも、昨日のような偶然が重なりイメージが現れる瞬間がとても心地よい。
c0136954_2330016.jpg

[PR]

by simasimauma | 2008-05-20 23:38 | イラスト
2008年 04月 06日

きりえ

小さい旗を(縦2センチ、横5センチぐらい)作りたくなった。で、はじめは四角、次にペナントのような三角を制作。なんとなく退屈。そこでくちばしのようなものを切り出してみた。鳥に見えてきたので、それからはいろいろなポーズの鳥を作り始めた。途中でライオンもどきも一点制作。胴体の部分にツマヨウジを貼り付けて完成。頭や羽の形は適当だけども、意外と空を飛んでいるように見えるものだと一人納得。
c0136954_21545313.jpg

[PR]

by simasimauma | 2008-04-06 22:03 | イラスト
2007年 12月 16日

マジック

無事、松明堂のグループ展も終了し、ほっとひと息。最近はマジックを使ようになった。マジックを画材として使うのは久しぶり。以外に面白い。子供の頃は手軽な素材としてよく落書きをしていたけど、自分の作品をつくる時はどうかなーと思っていた。実際、使うと色もきれいだし、紙に吸い込まれていく感じがすごくいい。当分、マジックを使おう。銀座に銅夢版画工房展を見に行く。銅版画というとどうしても白黒のイメージが強いけど、カラーの作品もたくさんあり見ごたえあり。
c0136954_2152027.jpg

[PR]

by simasimauma | 2007-12-16 21:54 | イラスト
2007年 09月 07日

いろいろな人

この夏、実家に帰省した。人口1万7千人ほどの小さな町。どこへ行くにも車を使い、東京にいるときよりも歩くことが少なかった。ちょっとした大きな道にでても、歩いている人見あたらなかったなー。特に若い人。下手をすると若い人みないで一日終わることも。その一方、東京にきてみれば、本当に人、人、人。歩いている人も多いから、一日人を見てるだけでも飽きない。本当に東京はいろいろな人がいるとつくづく思った。
c0136954_22541349.jpg

[PR]

by simasimauma | 2007-09-07 22:52 | イラスト